行政書士の職域についてのご説明

ご相談を受けるにあたり、以下のとおりご説明させていただきます。

・行政書士は、以下を職務とする法律職です。
①官公庁に対する法律手続きを依頼者にかわって代理すること。
②法律書類(権利義務関係書類等)や事実証明書類を作成すること。
③依頼者にかわり官公庁に対して不服申立を代理すること。
④これらについての法規相談に応ずること。

・他の法律職の職務を行うことはできませんのでご注意ください。
①将来法的な紛争となることがほぼ不可避と予見される案件に関与すること。「弁護士」
②不動産の名義変更(登記手続き)「司法書士」
③税金の手続きや相談「税理士」

このような案件につきましては、行政書士から他の法律職を依頼者にご紹介します。
(なお、弁護士の紹介については、実費を含め一切の報酬は発生しません。)

・行政書士は依頼された案件につきまして知り得た秘密を漏らすことはできませんので(守秘義務)ご安心ください。

・行政書士は依頼者の代理人として行動しますので、行政書士が行った法的手続き等の結果(許可・届出の受理など)は、依頼者が自ら行った場合と同一となりますので、ご安心下さい。

・行政書士は依頼者との委任契約により代理人として行動しますので、請負契約ではありません。
したがって手続きの結果(許可・不許可)のいかんにかかわらず、委任事務に関する報酬は発生しますので、ご注意下さい。(なお、不許可など依頼者にとって不利益が事前に予測される場合には、依頼を受任する前に説明しますのでご安心下さい。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
みわ事務所
行政書士 三輪祐子
山口県岩国市山手町1丁目9-16-101
電話090-8247-2243
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪